efoの具体例

ホームページを作成するにあたり、訪れた方にアピールするために、商品の内容であったり、サービスの良さなどに非常に力を入れる、というのは当然のことです。googleやyahoo!など、誰もが利用しているといえるインターネット検索サイトで、ホームページを検索してほしいキーワードの結果の上位に表示させる、SEOにこだわったり、多くの人の目に触れるサイトなどに広告を載せることを検討する企業も多いと思います。

ただホームページを運営している方にとって、あまり重要視されていなかったり、見落とされがちなのが入力フォームです。広告などの効果でアクセスをしている人は多いものの、申し込みや商品の売り上げが思うように上がっていない場合には、ページの離脱率に注目してみましょう。

フォームが設置しているページの離脱率が高い場合には、入力フォームで申し込みをしようと思っても、途中でやめてしまい他のページに移ってしまっている、ということになります。つまり、ホームページに設置している商品の申し込みや資料請求や問い合わせフォームになんらかの要因があると考えられるといえるのです。

efoを行うことで、最後までフォームに入力をする、つまり顧客をつなぎとめることができるともいえます。