efoとは

最近耳にすることが多いのが、efoと呼ばれるネットショップのフォームの改善です。インターネットでネットショップを運営している企業はとても多くなりました。実際の店舗を持たず、インターネットのみで運営しているというショップも珍しいことではなくなってきています。

ネットショップを作り、サービスや商品を申し込むことができるようにフォームを設置したり、資料を請求したり、業務を依頼するためなどに簡単に問い合わせができるように入力フォームのページを設けたとします。しかし、ホームページを作ったとしても、閲覧しに訪れた方がどんどん申し込みをしてくれたり、商品を購入してくれる、というわけではありません。

実は、フォームを設置しただけでは、すぐにサービスの申し込みや、売り上げに結び付くとは限らないのです。ホームページを閲覧して、入力や申し込みフォームも見ているのに、申し込みや購入手続きを最後まで行ってもらえる割合は、約20パーセントに過ぎないといわれているのです。残りの約80パーセントの方は、途中でフォームページから離れてしまうことには、なんらかの理由が存在しています。

フォームの問題点を探し出し、入力を最後まで行ってもらえるようにページを改善することを、efoと呼ばれています。このefoを最適化することで、顧客となってもらえる可能性がある方をつなぎとめることができるのです。ホームページをもっている企業にとってefoをすることのメリットや、具体的な改善方法をご紹介いたします。