efoとコンバーション

インターネットでホームページを持っていてショップを運営したり、サービス提供など、ビジネスを考えている企業や店舗で、もっとも重視されているのは、人をいかにホームページに集められるかどうかという集客、ホームページを訪れた方が申し込みや購入をしてもらえるかどうか、というコンバージョンで、成約とも呼ばれています。

申し込みや購入といった行動をしようと考える方は、ほとんどがホームページの入力フォームのページを訪れます。この入力フォームを来訪者にとって分かりやすく改善することが、コンバージョンを増やすために効率が良い方法です。この改善のことを、efoと呼ばれています。

efoの基本的なポイントのひとつが、フォームの位置など、デザインに関する改善です。実際に行ってみると良く分かると思いますが、フォームを入力しようと考える場合、視線は自然と上から下に行きます。横に移動して入力を行うことは避けましょう。また入力にエラーがあると、送信ボタンを押した後ではなく、すぐ表示されるなどの工夫も必要となります。

入力フォームを閲覧していても、8割ほどの人が見ただけ、もしくは入力の途中で煩雑に感じてしまいやめてしまうといわれています。入力をしないといけない内容が煩雑だったり、エラーが何度も出るような入力フォームであれば、早急に改善をすることで、入力がスムーズにできるようになり、コンバーション、企業の売り上げにダイレクトにつながっていくことでしょう。

関連リンク[エフトラEFO